未の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未-3  古関裕而氏でご当地ドラマを

 古関裕而氏、言わずと知れた本市出身の偉大な作曲家である。クラシックから軍歌・学校校歌・応援歌・歌謡曲などその膨大な作品群からは、型にはまるようなレベルを超越した、氏の底知れない才能を感ぜずにはいられない。
 阪神タイガースの応援歌「六甲おろし」の作曲は有名だが、実は巨人や中日の応援歌も氏が作曲している。早稲田大の応援歌を作れば慶応大の歌も作っている。「君の名は」や「鐘の鳴る丘」などのラジオドラマを手がければ、怪獣「モスラの唄」までもである。そして「東京オリンピックマーチ」までもなのだ。
 生家は呉服商だったが、高校時代から作曲の才能が開花し海外の作曲コンクールに応募するなどしていたという。戦前戦後と時代の変化にもまれながら、見事にその時々に対応して常に輝いた偉大な人物で、まさに郷土の誇りなのだ。
 
 2020年の東京五輪開催が決定した今、古関氏の人生を「連続ドラマ化」してはどうかという声があると聞いた。賛同はするが、氏の生涯を描くことだけでは物足りないと感じている。確かに生存中の氏を知る年代には受けるかもしれないが、その他の世代にはアピール度が乏しい。(市内にの古関裕而記念館の来館者層のように・・・)

 ドラマ化するなら、学生など若者が古関氏の作品に出会い興味を持ち、いろいろ調べて忘れさられた偉業に気付き、氏を地域資源ととらえ、まちづくりに活かすストーリーなどはどうだろう。連ドラ化は理想だが、まずは「地域発ドラマ」的に単発ものとしての実現を望みたい。ついにNHKに投書か!


 若かりし古関氏の写真、我々世代が知る氏は「オールスター家族対抗歌合戦」審査員長当時のピカピカ頭だ。

  DSC_0007_convert_20150523104847.jpg


 JR福島駅東口にある古関氏の記念モニュメント。定時には懐かしの古関メロディーが流れる。

  DSC_0006_convert_20150523104911.jpg

スポンサーサイト

未-2  福島まるごとゼリー

 福島市にはこれといった名物(全市を代表するような)がないと言われる、いや、市民自らが言ってしまうことが多い。

 温泉、くだもの、花、は名物とは言えないのだろうか?名物と言われるものを見ると、やはり食べ物のようだ。だったら豊富なくだものがあるではないか!ただ、さくらんぼも桃もリンゴも梨もぶどうも柿も福島オリジナルとは言えない。そして、一年中手に入るというものではない。

 一年中手に入る福島オリジナルの食べ物。「ふくしまゼリー」はどうだろう。その名のとおり、福島で生産される全てのくだものが入ったゼリーである。くだものは、旬の物は生食風で季節はずれのものはドライフルーツではどうだろう。吾妻小富士型のものと信夫山型のもの二種類があり、それぞれウサギ形、わらじ形の色ゼリーが中に入っている。

 新聞記事でぶどうの巨峰で干しぶどうを作った人がいると知り、また友人自家製の美味しいリンゴのドライフルーツを最近味見する機会があったせいか、夢みたいなことを考えてしまった。

未-1  ゆるきゃら改造計画

 福島市のゆるキャラは「ももりん」。春先西方の山並み見られるウサギ形の残雪をモチーフに、名前は特産のくだもの由来らしい。写真上は基本のイラスト、写真中は市役所にある立体像である。

 この「ももりん」だが、全国区には程遠い。あの“くまモン”や“ふなっしー”とまではいかなくても、せめて市民にもっと愛される存在になって欲しいものだ。

 “くまモン”は、県がマジで売り出し戦略を実行し、特に着ぐるみの中に入る人(?)を職員からプロに代え動きをシャープにしたら人気が出たという。また、“ふなっしー”は、しゃべれることと想像を超える激しい動作ができることが売りであることは異論がないだろう。

 我が「ももりん」にも着ぐるみはあるが、昔ながらのヨロヨロ・モタモタタイプで“くまモン”らには遠く及ばない。そしてこれといったインパクトのある個性もない。それならどうすればいいのだろう・・・・

 福島は「福=HAPPY=LUCKY」で勝負すべきだと思う。写真下は自分が無許可で作成した“ももりんシール”である。ももりんに福島の「福」をだっこさせてみた。人は神頼みが好きなので、「福を持つももりん→福を呼ぶももりん→福の神」的な売り出し作戦である。着ぐるみのどこかに「福マーク」を貼り付け、「ももりんの“福”にタッチすると幸せになれる!」的な諜報作戦を展開するのだ。

 近頃悪役キャラとして「ブラックももりん」が登場したらしい。悪役がいるとストーリーが展開できるので、ももりん側にも売り出しに工夫が見られることは歓迎したい。見つけたら皆が寄ってくるようなご当地マスコット、そのためには「福島の福を活用したご利益作戦」を要検討すべきだ!

  DSC_0002+(2)_convert_20140816211616.jpg

  DSC_0051_convert_20140816211511.jpg

  DSC_0161-1_convert_20140817075411.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。