2014年08月19日の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

?-6  あこがれの戦艦大和!

 縁があって訪れた広島県呉市のミュージアムであこがれの戦艦大和と対面した。 もちろん10分の1の縮小版であるが、その精巧さと迫力に圧倒された。

 写真は逆光のため後姿ではあるが、全てが本物同様の作りでエンジンを搭載すれば航行可能だというから驚きだ。我々プラモデル世代ならいつまで見てても飽きることはないだろう。

 9年前に他界した父は海軍軍人だった。陸軍入隊が普通の福島にあって、志願して海軍に入隊したのが父の自慢だった。子どもの頃、「お父ちゃんは、何ていう戦艦に乗っていたの?」と聞いたことがある。父は、「駆逐艦で名前は“柿”だ。」と教えてくれた。子供の自分は、「“柿”なんて船はない。戦艦大和だったらよかったのに・・・。」などとバカなことを言ったのを覚えている。

 このミュージアムの資料で、当時の駆逐艦の多くには“こぶし”、“けやき”など樹木の名前がつけられていたことを知った。そして、ネットで検索したら駆逐艦“柿”が実在した。何とプラモまであるではないか!父の墓前に詫びながら報告しようと思う。(そして、このプラモが欲しい!!)
 
  DSC_0143_convert_20140816211713.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。