2014年10月19日の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魅-12   地域力は祭りでわかる?:黒岩春日神社“どぶろく祭り”

 福島市黒岩地区には強固な地域力があると前々から感じていた。同地区は、中心市街地に近く商業施設や住宅が密集して振興住宅地的な顔も持つが、阿武隈川沿いの一角には地域力の源になる伝統文化が強固に根付いている。

 その一つが春日神社の例大祭いわゆる“どぶろく祭り”である。記録によると文化7年(1810年)にお神酒を造ったことにはじまり、明治30年に税務署の許可を経て現在に至っているという。町内には選ばれた杜氏がおり、例大祭に合わせて醸造するという。(酒造メーカーの指導を受け造っているのでなかなかの味、温度管理に苦心するらしい) 

 かつてこの地に勤務していたことが縁で毎年この祭りに招かれる。家人からは「休日にわざわざ出かける義理はないだろう」と言われるが、何年かぶりに白くてトロみの強い18度のどぶろくを地域の皆さんと親しく味わい、この地と縁があることを誇りに思った。

  DSC_0294_convert_20141019102902.jpg

  DSC_0296_convert_20141019102937.jpg

  DSC_0297_convert_20141019103020.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。