2014年11月03日の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美-4  自宅近くで“秋色”探し

  彩の秋が山から里に下りてきた感じのこの頃だ。いつものウォーキングコースで見慣れた景色でも、それなりの装いを見せてくれるから嬉しい限りだ。

  ブログを始めるようになって、何やら身の回りのものを違う目で見つめなおそうとしている自分に気付く。単なるネタ探しなのだが、今までと違う視点で見たり、誰かに紹介することを意識したり、季節に敏感になったり・・・・と。自分にとっては好ましい変化だと思っている。

  前々から、地域の文化はそこに住む人たちの想い入れがベースだと考えている。しかし、「地域の文化=地元の良さ=来訪者が求めるもの」とは限らない。その場所の“良さ、好ましさ”はその人の望むものによって違うのだから。ふるさとは奥深いということなのである。

 これは葉の形からポプラだろう。青空をバックにこんもりとした黄色が印象的、回りに何もないのがいい。
  DSC_0319_convert_20141103104837.jpg

 これは春に楽しませてくれる桜の老木。秋には秋の貫禄を見せている。足元の鮮やかな絨毯もいい感じだった。
  DSC_0321_convert_20141103104923.jpg

 いつも〇〇祈願でお世話になっている乙羽神社の御神木大イチョウである。あと少しして葉が全て落ちた姿を心待ちにしている。
  DSC_0325_convert_20141103104954.jpg
スポンサーサイト

?-11 集中力強化<老化対策

  最近見つけた幼児向けの“脳力開発玩具”である。難易度順のテキストに沿って5つのパーツを積み重ねるものだが、なかなか面白い。ものすごく難しいというものではなく、少しがんばるとできちゃうところが気に入っている。何事も成功体験がヤル気につながることをあらためて感じている。

  できなかったものができると誰かに見せたくなるが、家人はハナから「幼児のおもちゃで遊ぶバカな初老!」扱いなので相手にされていない。でもほんとに苦労した成果なのである。このままにしておきたいところだが、今はいない家人が帰るまでの命であろう。

  お蔭様でテキストの全てをクリアしたので、86才の母に下げ渡しすタイミングをはかっているこのごろである。

  DSC_0308_convert_20141103105033.jpg

  DSC_0307_convert_20141103105016.jpg

  DSC_0306_convert_20141103105046.jpg

?-10 何かいいことが・・・?!

 朝降っていた小雨が止み日差しが射してきたので庭に出てみると“虹”だった。どんよりとした空に日の光を浴び、久しぶりに鮮やかなアーチだった。

 “虹”にはこれからのことを期待させる何かがあると思う。実際“虹”をテーマにした歌詞など思い出しても、「明るい未来」とか「希望に向って」とかといったプラスのイメージが多い。予期せぬ時間と場所に現れ、はかなく消える彩り豊かなこの自然現象は、遠い昔からどれほどの人たちに夢や希望そして元気を与えてきたのだろう。

 “虹を見つけて、「何かいいことがあるかもしれない!」と期待したということは、・・・・多少疲れ気味かも?!

  DSC_0313_convert_20141103104759.jpg

  DSC_0311_convert_20141103104816.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。