2015年02月の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

味-7 お土産用“餃子”戦略?!

 「味-5」で円盤餃子を饅頭で作り福島土産にしては!と勝手に提案した。餃子を遠方へのお土産にと思ったら冷凍しかなく、まして「福島名物円盤餃子」を持ち帰ることはほぼ不可能だ。だったら、形だけでも持ち帰ってもらい「本物を食べたかったら福島へ行こう!」とする戦略だ。

 広島県福山市の老舗和菓子店が開発した餅皮に餡を包んだ餃子が通販で話題になっているので、饅頭の皮でクルミ餡を包み円盤状に並べてパッケージすればパクリ感も消えていいのでは考えたのだ。
 その続編。饅頭タイプもいいが、餅皮タイプも捨て難い。飯坂銘菓に「ゆべし」がある。今の主流は砂糖をまぶした角型のものをお行儀よく包装したものだが、自分にとって「ゆべし」と言えば三角形の餡入りタイプである。
 その餡の包み方を餃子状に変えるのはできない相談だろうか?「機械化されているから無理!」とは言わず、福島の円盤餃子と飯坂ゆべしの、言わば最強コラボで話のネタになってかつ味自慢の土産物ができそうな気がする。

 菓子業界が動くか、餃子業界が動くか、観光協会や商工会が動くのもいい。試しに「ほろ酔いウォーク」の時だけ特別販売できないものだろうか?観光客は土産話のネタを探しに来るものだと自分は思うのだが・・・

 DSC_0022_convert_20140710200134.jpg

 円盤だから福島なのだと思う。この形はインパクトがあるし・・・売れると思うのだが
スポンサーサイト

?-18  何もやらないリスクⅡ

 新年から始めたことがある。中央紙で気になった記事のスクラップである。生意気にも“自分を変えるため”に何かやろうと考えた産物だ。スクラップの対象は、基本は仕事に関するものだが、気になったもの全てとしている。そして、自分の担当外のものであれば担当に確認することとした。例えば、全国小学生スポーツテストの記事を見つけたら、教育委員会担当に本市の状況を確認する具合だ。(担当が記事の存在を知らなかったときなどは、ちょっといい気分になれる。)
 以前なら、回りへの気遣いばかりを優先し自分の担当以外など口出ししないことをよしとする性格であったが、「何もしないことのリスク」を自分なりに消化した結果である。
 
 ある時、中央紙で写真の記事を見つけた。カレーライスそっくりのお菓子があるというのだ!今までなら「へぇ~」で終わっていたのだが、取り寄せてみることにした。

  DSC_0411_convert_20150208195310.jpg

 それが、これだ!誰もが驚くだろう、どう見てもカレーライスそのものなのだから。

  DSC_0405_convert_20150208195347.jpg

 ご飯部分はミルク寒天、にんじんはマンゴー、じゃがいもは桃、肉はチョコレート、ルーは秘伝のマンゴーソース。もったいなくて食べられない。

  DSC_0406_convert_20150208195840.jpg

 実は、味-15 で紹介したギョーザもこのシリーズの一つ。ほかにもたこ焼きそっくりのシュークリームもあったぞ。

  DSC_0399_convert_20150208210244.jpg

 ひるばる広島県福山市からのお取り寄せだったが、十分満足の逸品だった。これに対抗できるのは・・・「おっ〇いプリン」ぐらいか。写真はアップしにくいのだが、何かの機会に東北代表として紹介したい。

味-6 幻の焼酎に怒る!

 見出しとは違う話題からで恐縮。外では人一倍飲むものの家では飲まない主義だったが、今年から週一回土曜日のみ解禁した。尊敬する先輩から、あまりにも旨い日本酒をいただいたからである。(全部自分で飲むには、家飲みしかない!) しかし、家では飲まない宣言をしていた家人と協議の結果、勝ち得たのは“1合”のみ。食前酒と称して飲ませていただいている。行きつけの酒屋から一合ぐい飲みを調達しスタート。ほろ酔いのかなり手前だが、とりあえず実績を積み“3合”まで持ち込みたい。

 さて、本題である。近所のスーパーの酒売り場に“客寄せパンダ的銘酒”が登場することは、以前味-1で紹介した。今日覗いてみたら、幻の焼酎「森伊蔵 42,667円」と「魔王 21,714円」があった。(それも写真のみ:お買い求めの方はこれをサービスカウンターへと書いてある) 

  DSC_0404_convert_20150208200137.jpg

 これらがいわゆるプレミアム焼酎であることは承知している。また、ネット通販でもっと安く買えることも承知している。しかし、定価が3,500円足らずのものがこのような高額で売られていることを製造元はどう思っているのだろうか。定価設定からすれば、蔵元は一般向けに販売していることが推察できる。マニアが勝手に値を吊り上げており、庶民には手の届かない酒になってしまい、丹精こめた人じゃない人たちが潤っている構図があるような気がしてならない。
 どうせなら定価を上げて蔵元が潤い、増産して安価で出回ることを期待したいが、かつての「越乃寒梅」のようになったら残念なことだ。せめて自分は、ほどほどの値段で旨いものを探して求めたい。

味-5  円盤ギョーザをおみやげに!

 「これは何でしょうか?」と聞けば「餃子です。」と誰もが答えるだろう。確かに餃子形であるが、実はスイーツ、お菓子である。チョコレート餡をもち状の皮で包んたもので、ご丁寧に焦げ目までだ!
 
  DSC_0400_convert_20150207200529.jpg

 パッケージまでこの懲りようだ。ここまで凝って味に問題が無ければ売れないわけが無い。通販で人気の広島県の老舗菓子店の商品の一つだ。悔しいが、誰かに見せたくなる魅力がある。餃子をB級グルメとして売りにしている福島市としては、“やられた”感がいっぱいだ!

  DSC_0402_convert_20150207200215.jpg

 おっと待て!福島の売りはただの餃子ではなく「円盤餃子」ではないか。だったらこのアイディア(和菓子化)をいただこうではないか。餅皮ではモロなので饅頭の皮ではどうだろう。中身の餡は色味が餃子に近い胡桃餡(粒入り)がいい。もちろんパッケージには円盤状に詰め込む工夫が必要だ。(宴会用に中に一個激辛タイプを入れて欲しい!)
 知り合いに和菓子店がいたら、本物の餃子店とのコラボ商品としてアイディア提供して欲しい。

 

?-17 節分に思う

 縁あって寺の世話役を請け負って数年になる。世話役と言っても年2回10数件の担当檀家をまわり集金するだけで、会合にはほとんど顔出ししない不真面目さなのだ。
 役割の一つに節分の厄除けお札の檀家配布がある。今年も3日の夜に勤勉な近隣地区の世話役が自宅に届けてくれていたものを(本来なら寺まで取りに行くのがきまりなのだが・・・)、ようやく本日(7日)お届けした。

 写真は、お札とともに配布した“福豆”である。いつもなら袋のまま忘れ去られる運命なのだが、初めて口にしてみた。それが意外と香ばしく全部いただいてしまった。今後自分に何かいいことが起こったら、この豆のご利益だろう。

  DSC_0396_convert_20150207102119.jpg

 うちの寺では、お札とともにお守りも配布している。何と携帯に便利なカードタイプの御守だ。「こんなものに金を使うぐらいなら会費を安くして欲しい!」とも思ったが、息子に渡したら意外と素直に受け取ったので驚いた。世の中カード社会なのだ。

  DSC_0397_convert_20150207102145.jpg

 福島交通飯坂電車で75歳以上の運賃無料化が始まることになったとの報道があった。この報道を我が80代後半の母が思いのほか喜んでいた。確かに毎週のように利用しているから往復700円が無料になるのは大きいかもしれない。ただ、カードを定期券のように思い読み取り機を通過せずに目的地へ行ってしまうのではと心配している。(車掌や終点の駅員に見せただけではダメよ~ダメ、ダメ!)

?-16 何もやらないリスク

 最近、寒さを理由に歩くことをサボっている。というか、歩く気力が湧かない。そのせいか、血圧が高めで常に高揚感を感じている。(特に職場では・・・!)
 勝手に張り詰めてしまっているのか?いろいろ考えてみた結果たどりついた結論は、今まですべきことをしてこなかった「ツケ」である。今までマイペース+アルファぐらいで過ごしてきたものが、毎日全力スパートしているように感じてしまうのは、それだけ自分のストックが不足していたのだ。

 じゃあ、どうしようか?今までどおり、波間に身を置きながら自分の対応能力を磨くしかないと思っている。もともと周囲の皆さんとの関わりの中で造られてきた自分なのだから、今後も様々な関わりを積み重ねることで自分がどこまでできるか期待したい。

 最近出会った言葉に「何もしないリスク」がある。何か問題が起こったとき何もしないほうが良い結果を産むことも少なくないが、何もしないということは何かすることで得られる経験を放棄することだという。得られる経験は失敗かもしれないが、自分には失敗の経験がまだまだ少ない気がする。

 こんな風に今を考えられるのは明るい兆しだと思いたい。気力が湧かないから歩けないのではなく、歩かないから気力が湧かないのかも・・・・。よし、今日から歩くぞ

魅-14 やっぱり、神頼み!

 年に数回、学生時代のテスト結果や入試結果を知らされる場面の夢を見ることがある。もしかするとその時々の心理状況とリンクするのかもしれない。
 さて、先日福島稲荷神社を詣でる機会に恵まれた。ここは言わずと知れた福島市を代表する神社だが、地元の神社に遠慮してか訪れる機会は少ない。かつて、国際交流事業を担当し海外からの来訪者へのお土産を探していたとき、この神社の“桃のお守り”にお世話になったことを思い出し、久しぶりにお守りをいただくことにした。

 「桃守り」は健在だった。個人的に福島らしいグッズとして特に女性にお奨めである。(美肌、健康、安産のお守りとあるので・・・)
  DSC_0388_convert_20150207101914.jpg

 今回新たな出会いもあった。「競馬勝守」である。福島市内には駅から歩いても30分足らずのところにJRA直営の競馬場がある。それを意識した、これも確かに福島らしい・・・と言える。(これをもって福島競馬に出かけて勝とう!というストーリー想定らしい。)
  DSC_0389_convert_20150207102022.jpg

 お守りはまだまだあった。写真はわらじの根付「健脚御守」である。福島市の夏祭り“わらじまつり”にちなんだ「足が達者で長生きしたい~!」との音頭が聞こえてくる一品だ。前記の二品に比べ誰にでも喜ばれそうだ。
  DSC_0392_convert_20150207105142.jpg

 神社の社務所には他にも多種多様な御守りがあり、調子に乗って多数購入してしまった。こんなに神頼みされてしまったらさぞ神様もお困りになるだろう。その時は、競馬のご利益は辞退するつもりだ!(競馬好きの友人に贈呈したので・・・)

 今年は、この先に不安を感じているのか、いつにも増して「神頼み」したい気持ちが強い。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。