2015年08月02日の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

?-21 今年もリフレッシュ旅①

 今年も貴重なリフレッシュの機会となったのは、自治大同期のフロア会。今年の会場は大都市名古屋だ。もちろん天下の名古屋城も訪れたのだが、乗り物関係の博物館には久々にワクワクさせられてしまった。

 豊田記念館、佐吉翁が発明した自動織機が世界のトヨタの原点だったことぐらいの知識はあったが、さすがにその名にふさわしく、見ごたえ十分で体験コーナーも多く誰もが楽しめるテーマパークだった。

 織機ゾーンもじっくり見たかったのだが、車世代としてはどうしても車ゾーンに惹かれてしまう。二代目が失敗を恐れず純国産車の生産に挑んだコーナーだ。木製の型枠と展示された第1号車などは今走ってもいい姿だった。

  DSC_0038_convert_20150802203059.jpg

  DSC_0039_convert_20150802203141.jpg

 名古屋ではさらに乗り物シリーズが続く。JRの車両展示館だ。懐かしい0系の初代新幹線からリニアモーターカーまで、大勢の大小の鉄チャンで大賑わいだった。「この中の一両だけでも福島にあれば・・・」などと、ついせこい考えが浮かんでしまう。

  DSC_0050_convert_20150802203223.jpg

  DSC_0055_convert_20150802203308.jpg

  数日後、福島駅で秋田新幹線「こまち」と東北新幹線「やまびこ」の連結車両を見た。そうだ福島ならいろいろな連結車両が見れるのだ!これだって鉄チャンを呼べるのではと思った。

  DSC_0058_convert_20150802203334.jpg

  今回も朝イチの新幹線で出かけるなど肉体的には疲れた旅だったが、約1月を共に過ごした同業者との時間は精神的に十分なリフレッシュをもたらしてくれた。ただ幹事諸氏に言いたいことがある。「豊明市、大府市、東浦町の友よ、なぜ案内するところは名古屋市内なの?私が見たかったのは、みんなの住んでいる街だったんだけどなぁ!名古屋見物に行ったつもりはないよ」と。こんな気持ちが見すかされたのか、来年は福島市で会うことになってしまった。さて、どうしたものか・・・。
スポンサーサイト

味-8 名物の証とは?

 写真は名古屋名物“味噌煮込みうどん”である。研修仲間との同期会で訪れた際に食した。「名古屋に来た記念はまずこれから」と友人に案内された有名店は長蛇の列。待ち時間はもどかしかったが、お陰で地元の友人から貴重な事前情報を仕入れることができた。

 「あんまり期待しないで。名古屋コーチン入りとかいろいろあるけど、シンプルな煮込みが一番。茹で時間が間違ったのかと思うぐらい硬いから覚悟して。ただ、間違いなく話のタネになるから!」

 地元の友人と同テーブルだった自分はお奨めの味噌煮込みうどんにしたが、離れた席の面々はコーチン入りが多かったようだ。現物が運ばれてきた。恐ろしいぐらいに熱そうな土鍋だ。まずは汁をすする。予想通り濃い味噌味、冷えたビールには最高だ。次は問題の麺だ。「何これ、硬い!」思わず回りの客たちを見てしまった。

  DSC_0004_convert_20150802182845.jpg

 店を出て友人たちの話題は当然「麺の固さ」になった。「いくらなんでも硬すぎる」、「強火で煮込むから麺がやわいと溶けてしまう」等ほろよい加減もありひとしきり盛り上がることが出来た。これだけ話題になるのだから、味噌煮込みうどんは名古屋名物なのだ!

名物の証とは何だろう?これまで頑なに「味」だと思っていたのだが、違うのかもしれない。ただ、地元民が薦める魅力と話題性ががあることは確かだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。