2015年08月03日の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

?-22 リフレッシュ旅②

 今年のリフレッシュ旅の第2弾は秋田だ。特にワクワクして出発したわけではなかったが、充実感満載の二日間だった。初めての土地ではなかったが、先の訪問が何年前か記憶に無いぐらい前だったので新鮮味があったのは確かだ。そして、その都市規模から上から目線で駅に降り立ったのも確かだ。

 しかし、駅の東西をつなぐ広さ十分な連絡通路、それに続くアーケード街、堀に囲まれた緑濃い城跡、乗り放題の周遊バス、美術館、博物館、都市ホテルと誰かが望む都市力の存在には、完敗だった。

 写真は言わずと知れた竿灯である。まだ本番前ではあるが、運よく練習会場がホテル近くだったので初対面となった。いや、実は二年前の福島市で開催された東北六魂祭で見ているのだが、その時は真昼。やはり竿灯は夜に限る。

  DSC_0063_convert_20150802203427.jpg

  DSC_0068_convert_20150802203451.jpg

  DSC_0069_convert_20150802203533.jpg

  今年の六魂祭は既に秋田市で開催されて終了していたのだが、初めて夜間に開催された。六魂祭を主催する大手広告代理店は昼間開催を主張したのだが、秋田市は頑として夜間開催で押し切ったのだと聞いた。「よそならともかく、地元で竿灯を昼間に開催することは、秋田市民が許さない。昼間の竿灯などありえない」とは市の関係者。地元の祭りに誇りを持つ市民の心にも完敗だった。また訪れたい街になった。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。