2015年08月16日の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美-12 “わからん花”の正体は“夏水仙”

 “わからん花”の正体が判明した。職場の鉢植え実にまめに水遣りをしている同僚に聞いたらすぐだった。「餅は餅屋!」とはこのことか、などと感心した。

 彼岸花の仲間で、西洋彼岸花や夏水仙、リコリスなどと呼ばれるらしい。早春に水仙のような葉が出て、その葉が枯れると花茎を出し花を咲かせる。花の時期には葉がないので、欧米では「マジックリリー」と呼ばれるとか・・・。
  
  DSC_0078_convert_20150808080914.jpg

 「花が増えて込み合うようなら、5月下旬から6月に葉が枯れた後掘り上げて分球も・・・」とあったので、庭の一角に毎年決まった時期にこの花が群生するのもいい感じなので、植物に全く縁のない自分だが挑戦してみようか思う。
 我が庭には毎年彼岸花は咲くのだが、この中国原産の花はいったいどこから来たものなのか。球根なのだから誰かが埋めたのだろうか。この場所に置いた馬の置物(安物)が何者かに連れ去られたことがあったが、盗人の置き土産だったら小憎らしい。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。