スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見-26 狛犬って・・・

 ウォーキングコースに神社や寺が絡むのは年のせいかもしれない。何回も通過していた二つの神社で狛犬の違いに初めて気がついた。狛犬については左右一対で片方が口を開きもう片方は口を閉じているぐらいの認識だったが、大発見したのだ。 なななんと、飯坂町湯野にある西根神社の左側の狛犬は頭に角があるのだ、こんな狛犬は初めてだ。

  DSC_0014_convert_20150809100353.jpg

 これは飯坂町八幡神社の狛犬だ。角が無いこれが本来の姿ではないのか。だとすれば角あり狛犬はかなりレア、大発見だ!
  DSC_0023_convert_20150809100104.jpg

 誰かに自慢する前にと一応ネットで「狛犬とは?」と検索、天狗の鼻はもろくも折られてしまった。『本来「狛犬」は「獅子・狛犬」で向って右側に口を開いた“阿形”の獅子、そして左側に口を閉じた“吽形”の狛犬(角あり)の対であった。鎌倉期以降に簡略化が進み、昭和以降に作られたものは狛犬の角も無くなり口の開き以外外見上の差もなくなった。』とあったのだ。写真は八幡神社の右側の狛犬、いや獅子像。今度通ったら作られた時を確認したい。
  DSC_0024_convert_20150809100128.jpg

 人に自慢しなくてよかったと思った。そして全国の神社で狛犬いや狛犬&獅子チェックする楽しみができた。やはり順調に年を重ねたようだ。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。