スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見-7  急流河川「荒川」の魅力

 「荒川(あらかわ)」は全国各地にある川の名前である。雨が降ると氾濫を繰り返す、「荒ぶる川」がその名の由来らしい。福島市の荒川は、下流部分には親水エリアが整備され「荒ぶる川」のイメージは見られない。しかし上流部にはその「荒ぶる」顔を印象的に見れる場所がある。
 福島の荒川は、吾妻連峰を源に福島県庁付近で阿武隈川に合流する全長が30km足らずの河川である。源流と最下流の高低差が約1,500mある急流河川で、氾濫や土砂流出を繰り返した歴史があるという。写真下は上流部にある「霞堤(かすみてい)」、とぎれている堤防である。そのとぎれた隙間からわざと溢れさせ、下流の住宅地に到達する前に土砂や水をコントロールする古くからの治水工法だと聞く。
 荒川ではこのような治水工法が各所で見られる。水質日本一も自慢だが、私は今も現役の「先人の知恵」に大きな魅力を感じている。
 DSC_0101.jpg
 DSC_0103.jpg
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。