スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見-11  ふるさとの川で

 いつものウォーキングコースのひとつが摺上川の堤防である。行けば何かしらの動物に出会えるのがうれしい。初夏にかけてはブサイクな泣き声が印象的なキジ、緑濃いこのごろはサギ(写真下)である。漆黒のカワウを見かけることもある。 川の宝石カワセミを見かけることもあるのだが、写真に収めるのは至難の業だろう。(いつかきっと・・・)

 かつては大雨の度に心配させられたこの川だが、この上流に国が巨額を投じたダムを建設してからはその心配はなくなった。ただ、震災以後の福島では「構造物神話」はありえない。残念ながら、ダムが決壊したときのことを住民は本気で心配せざるを得ないのが現状。

 あの事故まではアユ釣りのメッカだったこの川、時折銀輪がきらめくものの“竿止め”が続き、釣り人の復興はまだ先のようだ。

 DSC_0136_convert_20140815112352.jpg
 DSC_0134-1_convert_20140815112320.jpg
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。