スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見-14  飯坂温泉四つの十綱橋

 飯坂温泉駅を出るとすぐその橋はある。摺上川にかかる十綱橋(とつなはし)である。かつては吊橋で十本の綱を編んで支えていたがその名の由来である。大水で何度も流された歴史があり、橋の安泰の願い人柱として入水した「盲人伊達一」の悲話も伝えられている。 

 飯坂温泉には四つの十綱橋がある。この四つの橋めぐりは、飯坂に行く機会があったら是非おすすめしたいウォーキングコースだ。(駅前スタート・ゴールで所要時間80分 約9,000歩)

 1.十綱橋/駅を出てすぐ右手、歩道が狭いので対向車に注意。「昔はここから川に飛び込んで遊んだ」と戦前生まれの人は言う。上流に見える「波来湯(はこゆ)」、下流側に広がる河川空間が印象的。

  DSC_0140_convert_20140815112450.jpg

 2.新十綱橋/「1」を渡って交差点を左へ。温泉街をとおり愛宕山に向って坂を登った交差点の左手。十綱橋の中では最も新しい。山の麓には「伊達一の顕彰碑」がある。

  DSC_0212_convert_20140913165744.jpg

 3.中十綱橋/「2」を渡ると飯坂温泉街のメイン通りだ。最初の信号まで直進し右折、橋(赤川橋)渡って左折。旅館吉野館の先を左折し坂をくだると見えてくる。小型車でギリギリ、最も川面に近い橋だ。

  DSC_0214_convert_20140913165822.jpg

 4.奥十綱橋/「3」を渡るとしばらく下流側に向うが左手の坂をのぼり県道へ。右折し上流へ向う。この間に新しい橋(鵬橋:おおとりはし、上流のダム建設にともなう国道バイパス工事で掛けられた)を左に見ながら直進。穴原温泉街へ入ってすぐ。水力発電所が目の前だ。※老朽改修工事中でした・
 
  DSC_0218_convert_20140913165922.jpg
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。