スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

?-15 酒のおかげ?

  “酒の勢いをかりて・・・”という言葉があるが、自分はだいぶ借りが大きい気がする。
  内弁慶で、友達づきあいが下手であることは、小さい頃から自覚していた。だから、酒を介するまでは極々特定の仲間(部活関係者)とのつきあいが主だった。実際、学校時代から今も続く友人数は自慢できるほど少ないのだ。

  ところが、「酒の勢い」を借りるようになってからは大分変わったような気がする。本当は、いろいろな経験の積み重ねの結果かもしれないが、現在の自分の友人関係でのアイテムとしては「酒」に金メダルを与えたい。 いつもその勢いを借りているようでは情けないが、この勢いを借りると何とかなるという感覚が自分を支えているのは確かだ。

  そんな自分だから、以前は「全く酒を飲まない人は少し苦手だ」と感じたこともあった。だが、今は違ってきた。酒が弱くなり、記憶を失くすことが多くなってきた(最近は潰れてしまうことも・・・)この頃、自分の中に少し変化が出てきたようだ。もしかすると、大分借りが多くなったので借りることなく返すときが来たのかもしれない。そんな感じで、奔走するこの頃なのだ。

 でも、「酒の勢い」はこれからも“適度に”借りたいものである。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。