スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

?-17 節分に思う

 縁あって寺の世話役を請け負って数年になる。世話役と言っても年2回10数件の担当檀家をまわり集金するだけで、会合にはほとんど顔出ししない不真面目さなのだ。
 役割の一つに節分の厄除けお札の檀家配布がある。今年も3日の夜に勤勉な近隣地区の世話役が自宅に届けてくれていたものを(本来なら寺まで取りに行くのがきまりなのだが・・・)、ようやく本日(7日)お届けした。

 写真は、お札とともに配布した“福豆”である。いつもなら袋のまま忘れ去られる運命なのだが、初めて口にしてみた。それが意外と香ばしく全部いただいてしまった。今後自分に何かいいことが起こったら、この豆のご利益だろう。

  DSC_0396_convert_20150207102119.jpg

 うちの寺では、お札とともにお守りも配布している。何と携帯に便利なカードタイプの御守だ。「こんなものに金を使うぐらいなら会費を安くして欲しい!」とも思ったが、息子に渡したら意外と素直に受け取ったので驚いた。世の中カード社会なのだ。

  DSC_0397_convert_20150207102145.jpg

 福島交通飯坂電車で75歳以上の運賃無料化が始まることになったとの報道があった。この報道を我が80代後半の母が思いのほか喜んでいた。確かに毎週のように利用しているから往復700円が無料になるのは大きいかもしれない。ただ、カードを定期券のように思い読み取り機を通過せずに目的地へ行ってしまうのではと心配している。(車掌や終点の駅員に見せただけではダメよ~ダメ、ダメ!)
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。