スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

?-19 癒しを求めて

 これとの出会いは100均ショップだった。その名は「あひるコースター」。今は成人を過ぎた我が子がチビの頃、この三倍サイズの電動バージョンがあり、ただひたすら上り下りするあひるをなぜか飽きずに眺めていたことを思い出して買ってしまった。

  DSC_0429_convert_20150405183955.jpg

 もちろん電動ではないが、手前のレバーを指で押すだけで延々とあひるは階段を登り滑り降りるのだ。これを指が疲れるまでカチャカチャやっていると、「あひるだって押されれば動くのだから自分だって」とか「自分も誰かに押されていたほうが楽だな・・」とか「押されなくても動かなくては」などと、元気になれる気がするから不思議だ。
 だから、御礼を言いたい人や励ましたい人に、勝手ながら何も言わずに贈っている。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。